しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書:「両国大相撲殺人事件」

耳袋秘帖 両国大相撲殺人事件 (だいわ文庫)耳袋秘帖 両国大相撲殺人事件 (だいわ文庫)
(2007/11)
風野 真知雄

商品詳細を見る


シリーズ6巻目

ここまでくるとストーリーのつくりがだいたい飲み込めてきます。
なので、まったく別の事件と思える話が最後には結びつくということがわかっているので、小さな事件も関係があるはずと思って読んでしまうようになりました。

将来有望と思われた若手相撲取りが殺されます。
まるで今一番強いといわれている雷電の得意技で殺されたかのようでした。

この頃の相撲は今と違い、有力な相撲取りは大名おかかえが多く藩の評判にも関係していました。
そして、相撲は天候に左右され天気が悪いと延期になるので、一場所が終わるのに2ヵ月くらいかかったりすることもあったとか。
のんびりしてましたね。
そして女性は見にいけなかったとか。

今回は芸者の力丸があまりでてきません。猫も前回たくさんでてきたので、今回はちらっとしか出てこないのが残念でした。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。