しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「煙突の上にハイヒール」

煙突の上にハイヒール煙突の上にハイヒール
(2009/08/20)
小川 一水

商品詳細を見る


表題の話はMew(ミュウ)という飛行機械に魅せられる女性の話。
背中にヘリコプターのような羽のついた機械を背負って、空を飛べる。
ハンググライダーなどよりも簡単そうだけど、羽がついているだけに近寄ると危ないし、折れたりしたら落ちる危険性もある。そのあたりはうまーく安全装置があるってことでクリアしている。
何キロくらいのものだろうか。本当にあったら楽しいだろうねえ。
と思った反面、日本国内には送電線というものが張り巡らされていて、ここで書かれたように人気が出てあちこちで飛べるようになるとは思えないのでした。

どの主人公にも共通した雰囲気があります。外面的には人との関係をそつなくこなしてはいますが、内面的には一歩引いているような感じ。
表題の主人公も変わった機械にトライする大胆さもありますが、結婚した相手にはそのことを話しません。
(かなり無理な設定のような気もします)
雪の日にカフェの外で佇んでいる女性も男性に対して一歩引いてしまうのですし、ロボットを作り出す男性にいたっては外へ出ることすら止めてしまいます。

そんな中で、最後の話の主人公達は辛い過去から新たな関係を築くために一歩踏み出そうというところで終わります。

この著者の作品を読むと世界を作り上げるのが好きだろうなと毎回思います。
今回は少なめではあったものの、やはりそういった雰囲気を感じ取れる作品でした。

そうそう、お世話ロボットの話の中で心配したのは、女性型家事ロボットがあまりに人間に似たら、結婚する人が減ってしまって世界の人口が減少して危機に至る・・・というのがSFでは?と思ったのですが、人口減少については語られず、育児機能を追加しなければ・・・という会話でその懸念を振り払ってます。

現代平面の女性が好きな男性が増えてますが、立体でもお気に入りのロボットにかゆいところに手が届くような世話をされたら・・・と現実にはないのに心配してしまいました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。