しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「竹馬名月」

竹馬名月―余々姫夢見帖 (廣済堂文庫)竹馬名月―余々姫夢見帖 (廣済堂文庫)
(2008/03/14)
和田 はつ子

商品詳細を見る


亡くなった人の霊を見て、声を聞くことができる能力を持つ姫余々姫。
設定と登場人物は面白いのだけど、一番の謎が推理ではなくて姫が夢をみることによって全てわかってしまうというのが3冊目ともなると予定調和すぎる気がしてきました。

著者もそう思ったのか、信長の怨霊を出して大奥の人をあやつったりしてみましたが、事前に夢でわかってしまうことにより危険を回避してしまうのはどうかなと。

確かに事件は起こって、殺される人がいたりするので話としては悲しい結末が多いから、それ以上に助からない人がいると殺伐としてしまいすぎるのかもしれません。

でも、生きている人の未来の様子も白昼夢のように頭に思い浮かべることができて助けてしまうなら、与力の山崎のように姫の力を頼みにしてしまっては、山崎が考えなくなってしまうのでは?って心配。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。