しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「更衣ノ鷹」下

更衣ノ鷹(下)ー居眠り磐音江戸双紙(32) (双葉文庫 さ 19-36)更衣ノ鷹(下)ー居眠り磐音江戸双紙(32) (双葉文庫 さ 19-36)
(2010/01/07)
佐伯泰英

商品詳細を見る


衝撃の下巻でした。

田村側の画策がここまで!
でも、これも史実なのでしょうか。

時代小説も歴史小説とは違い歴史の一部を設定に借りながら、著者が自由に物語を作っているものだと思って読んでいたので、史実が出てきてしまうとそのすごさに愕然としてしまいました。

上巻でおこんがさらわれても、磐音との子供がまだいないから、おこんは無事に戻ってくるだろうと思って読んで確かに戻ってきました。

が、家基が亡くなるにあたってのもろもろに衝撃を受けてしまいました。

大きな柱だった登場人物までいなくなり、がらっと変わる可能性も大きいですね。

この先どうなるかを知るには歴史そのものも知らないといけなくなってきてしまったようです。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。