しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「オーケストラ」

やっと、やっと見ました。
大劇場公開作品ではなく、小劇場公開で少しずつ日程がずれていてくれたおかげですね。

でも、本当は大スクリーンで見てみたい映画でした。
最後のチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の演奏場面は大きなスクリーンで見られたら、もっと感動できたかも!
というくらいに良かったです。

ストーリーはというと
モスクワはボリショイ劇場から始まります。
かつては天才指揮者とまで言われたアンドレイはブレジネフ政権時のユダヤ人排斥でその地位を失い、今では劇場の掃除夫となっていました。
かつての団員達も職を奪われ、あちこちに散ってしまいました。

ある日支配人に居残り掃除を命じられて掃除をしていたら、夜中にFAXが届きます。
それはパリのシャトレ座からの演奏依頼でした。
それを見たアンドレイは思わずそのFAXを取り、かつての仲間とパリへ行って演奏しようと決心します。

そして、団員たちを集め始めるのです。

ここからは結構喜劇的要素がふんだんに取り込まれていて笑いを誘います。
かつての団員達が暮らしていくためにしていた様々な職業がロシアの現状をさりげなく披露しているのです。
ロマ(ジプシー)の暮らしやユダヤ人の暮らしなど民族としての問題も出てきます。

解散させられてから30年経っていて、団員達も年取っていて演奏できるの?
と思いますよね。
そういう疑問をそらすのもう・ま・い!ですよ。

だいたいどうやってフランスのシャトレ座と連絡とるの?って思いますよね。
フランス語が堪能なかつてのマネージャー(実はこいつが演奏会中に観客の前で中止を言い渡した)に連絡を取らせるのです。
彼も昔の事は命令されてやったことと、パリへ連絡取ることを承知します。
でも本当は共産党を復活させたくてパフランスの共産党に会いに行きたいのでした。

めでたくシャトレ座と連絡が取れ、ソリストは?と聞かれた時にアンドレイは若手ソリストの「アンヌ=マリー・ジャケ」を押します。
彼女でなければ振らないとまで言うのには何か理由が?

と、ここから演奏会が中止になった本当の理由などが語られ始めます。
アンドレイがもう一度バイオリン協奏曲を振りたい理由がここで初めてわかるのです。

私も鉄のカーテン時代のことは良く知りませんでした。
ユダヤ人を排斥したということとイスラエル建国承認の関連など、歴史の重みを感じます。

だからこそ、この映画がフランスで絶賛され世界中で見られるようになったのでしょう。

指名されたアンヌ=マリーもかつての天才指揮者としてアンドレイを尊敬していて、喜んで弾くと答えるものの、アンドレイが語る過去の呪縛に一度は断ってしまいます。
それを救ったのがアンドレイの仲間であるサーシャでした。

下手なフランス語で一生懸命にアンヌ=マリーに弾いてと訴える場面ではついほろりとしてしまいました。

そして、演奏会当日がやってきます。
リハーサルもしないでちゃんと演奏できるの?
なんてやぼは言ってはなりません。

それは見てのお楽しみです。

12分の曲の中に笑い・悲しみ・辛さそして喜びが詰められています。

自分の目で確かめてほしいです。

まだまだ都内でも上映してますから、ぜひ見てみてください。
公式サイトでお近くの劇場をチェックしてね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。