しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「風の王国 水面の花」

風の王国 水面の花 (コバルト文庫)風の王国 水面の花 (コバルト文庫)
(2010/03/02)
毛利 志生子

商品詳細を見る


番外編。
まだリジムが生きている時の話。

翠蘭はどこでもだれとでも同じように付き合おうとする姿勢がうらやましいですね。
自分の立ち位置が変わっても、相手の身分が違ってもそれは変わりません。
そして自分を落としいれようとした人物にまで、助かるようにと願う心はまねできませんね。

本編ではすでに死んでしまったリジムがでてきて元気な様子を見せてくれるのはうれしい。

少ない資料でここまで話を作ることのできる著者にありがとうって言いたいですね。
遠い国のようなチベットの話をこれだけ身近に感じられるのですから。
現在は中国の一地域としていろいろあるようなので、気をつけていたいと思いました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。