しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ヨーロッパGP 結果あり

公道コースでのレースはいろいろなことが起きるといわれてますが、ここバレンシアは抜きにくいしあまり面白くないコースとも言われていました。

でも、今回はアクシデントや可夢偉の頑張りなどいろいろと盛りだくさんなレースとなりました。

2位スタートのウェーバーがミス?からか順位を落として早々とタイヤ交換した後にそれは起こりました。

スピードの遅いコバライネンを抜こうとしてタイヤに乗り上げ宙を舞ったのです。

ほんとにくるんと回って頭から落ちて1バウンドしてもとの体勢に戻って壁まで滑っていって壁にぶつかりました。

リプレイではウェーバーのオンボードの映像が出てきましたが、それはまるでRed Bullエアレースの1場面のようでした。

ノーズが空を向きそのままぐるっと、まるで飛行機が1回転するかのごとくの映像。

ウェーバーが無事だったので書けますが、頭から落ちてそのままだったらと思うと、またコーナーのエリアが狭くてすぐに壁だったら・・・と思うとほんのわずかな幸運だったと思います。

その昔、メルセデスでル・マンのユーノディエールで1回転したことのあるウェーバー、2度あることは3度あるにならないことを祈ります。

さて、結果のほうはベッテルがポール・トゥ・ウィンで優勝しました。

これまでポールをとっても勝てなかったベッテル、久しぶりの勝利でほっとしているでしょうか。

可夢偉はウェーバーの事故でもピットに入らずタイヤを交換しない作戦で54周までひっぱり、一時はブエミとアロンソに抜かれたものの、交換後の2周でこの2台を抜いての7位でゴール。

すばらしい走りが見られました。

解説の川井さんや今宮さんが56周までひっぱれ、今入るのは早いと言っていましたが、残り2周で2台をコースで抜いてみせたことが可夢偉にとっては重要なポイントだったと思いました。

そして、ウェーバーの事故でペースカーが入った時にタイミングよくピットに入っていったと思われたバトンやクビサたち9台にペナルティが出て現在は暫定結果になっています。

ペナルティによっては可夢偉の3位も考えられるので、この7位は重要ですね。

ザウバーは開幕前のテストが一番良かったように思いましたが、ドライバーの頑張りで持っているように思います。早くスポンサーがついて安定させてあげたいですね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。