しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「冬萌え」

冬萌え―橋廻り同心・平七郎控 (祥伝社文庫)冬萌え―橋廻り同心・平七郎控 (祥伝社文庫)
(2005/10)
藤原 緋沙子

商品詳細を見る


町人にも忠義の心があるという真面目な男を武士の放蕩息子が付け入って貧しい町人に無理難題を押し付けるなんて、それこそ武士の風上にも置けないってこういうやつの事ね。
妻を女郎屋へ売ってまでお金を作った上に盗みまでしてお金を作ろうというのは、もう忠義ではないと思う。

子供だと思っていたおこうにふとした時に大人の女性を感じ始めた平七郎だけど、武士と町人の娘という間でうまく行くことがあるのでしょうか。
うまくいってほしいようなほしくないような・・・・


題名に「萌え」の字が入ってイマドキの萌え人気にあやかろうとしたわけではないですよね?
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。