しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「彩雲国物語・黄梁の夢」

彩雲国物語  黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)
(2009/05/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


短編集。3つの話が入ってます。

「鈴蘭の咲く頃に」
「空の青、風の呼ぶ声」
「千一夜」
おまけ「千一夜のそのあとに」

「鈴蘭・・・」は静蘭と母親の話ですが、か弱く、王に愛されなかったことを嘆いた一生だったと思っていたら、とんでもありませんでした。すっごい怖い母親です。静蘭がかわいそすぎ。

「空の青・・・」は燕青が両親の仇を討つまでの話なのに、これまたかわいそうな話。家族は皆殺しだと思っていたら違っていたなんて、裏がありすぎて疲れてきました。

「千一夜」は秀麗の父親が薔薇姫と出会うまで・・・・と書くとラブ話のように聞こえますが、とんでもなく死体がゴロゴロでてきちゃう話なんです。
珠翠の過去も語られますが10歳にも満たない子供達をこんなに酷いことをさせるのが平気な著者って・・・・ちょっと認識を改めたほうがいいかも。

この物語にはフツーの登場人物っていないのでしょうか?
最初は仙人が何か工作するくらいで、人力で国を復興させていく話だと思っていたのですが、裏ではバンバン人殺しが行われていて、疲れてきました。
カンタンにころんと首が転がりすぎで気持ち悪くなってきたのです。

最初のとっかかりがNHKのアニメだったから、余計こんなに人が死ぬ話になるとは思いもしませんでした。
ひょっとしたらNHKの人達もそう思っているのかも。
つづきの話がアニメ化されないって、そういう理由だったりして・・・・

本編も秀麗たちが追い詰められてしまって、オセロのように大逆転がおきてめでたしめでたしになるには、ものすごい仕掛けがないといけなくなっているし、どうなってしまうのでしょうね。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。