しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「幽霊探偵からのメッセージ」

ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ (ランダムハウス講談社文庫)ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ (ランダムハウス講談社文庫)
(2006/01/22)
アリス・キンバリー

商品詳細を見る


夫と死別して、夫の親戚から独立して暮らすために伯母の経営する書店の共同オーナーとして働きだした主人公ペネロピー。
書店を改装して初めてのイベントに売れっ子ミステリ作家を呼んだら、なんとそのイベントの最中に作家が死んでしまうのです!!

そして、更にその作家の本の主人公探偵ジャックの声が聞こえてくるようになって、大慌てのペネロピー。

ニューヨークからそれほど遠くはないけれど、田舎のさびれつつある町にある本屋が舞台ということで、そんなに期待しないで読んでいましたが、意外にもストーリーにどんどん引き込まれていきました。

アメリカには個性的な本屋がこういう小説にはよく出てきます。
ミステリ専門、ロマンス小説専門など。
日本でも少しずつ特色のある本屋さんも作られているようですが、まだまだな気がします。

今回の本屋は幽霊付き!
そして、人気作家が亡くなったといういわくまでついたのですから、これから繁盛するのは間違いないでしょうね。

子持ちですが、美人?な主人公なのに、相手が幽霊ではロマンスの発展のしようがない気がしますが、あらたに誰か現れてくれるでしょうか?

病弱だった夫との出会いなど知りたいこともまだまだあるので、続きが楽しみです。

そして、冒頭にでてくる探偵ジャックが殺された原因と犯人がわかる日がくるのでしょうか?
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。