しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トゥシューズはピンクだけ」

レスリー・メイヤー著
トウシューズはピンクだけ (創元推理文庫)トウシューズはピンクだけ (創元推理文庫)
Leslie Meier

東京創元社 2008-02
売り上げランキング : 230517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主婦探偵ルーシーものの第2作。
前作ではコールセンターの仕事をしていたが、現在第4子を妊娠6ヶ月の身。
仕事をやめたので夫ビルの働きだけで暮らさないといけないので、いろいろ大変よねと思うこの頃。

アメリカの田舎町の暮らしは、近所付き合いも濃くて、のんびりしていそう。
家に鍵もかけずに出かけるような町に深刻な事件など起きないように思えます。

ルーシーが買い物に行った町の金物店で会った友人との会話の中で、あまりにもさらりと出てくるのだが、実はとても重いテーマを描いています。
始めに出でくる元バレエダンサーの老女の失踪も、血痕も証拠もなく深刻さが感じられないので、ここまで深い話になって驚くばかり。

ピンクの表紙のトウシューズと出てくるルーシーの娘達や少女はあまりにもかわいく、文体の軽さが深刻な中身を深刻だと思いにくいかもしれないけれど、よく考えてみる価値は高い。

アメリカではこういったコージーミステリーに描かれるほど普遍的な事なのでしょう。
この本では夫による妻への暴力だけでなく、子供への虐待も描かれる。
立派に見える人ほど、隠れて行われるので中々表には出てこないけれど、やはりあるのでしょう。

最近では日本でも夫による暴力から逃れるための施設やボランティアの活躍が時々報じられます。
中々環境が整わないけれど、こういう本で少しでも実態に思いを馳せる人が増えたらいいな、と思次第です。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。