しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「さらば深川

さらば深川 (髪結い伊三次捕物余話)さらば深川 (髪結い伊三次捕物余話)
(2000/07)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


主人公伊三次と文吉がどうなるのかが気になって読んでしまって、あっという間に3冊目です。

主人公の恋人にいろいろなことが起きるというのはライトノベルっぽいかも?なんて思いつつ読んでいます。

時代小説も女性が主人公なら別ですが、髪結いで同心の手伝いをしている伊三次なら多くの事件を探ったりしていますから、へんな事件に巻き込まれたりするのは当然です。
ところが文吉にもいろいろと災難が降りかかってくるのです。

最初の話も文吉がお財布を掏られたところから始まります。
そして、前作で大店の主人に家の造作や着物を作ってもらったことが問題になるのです。

伊三次が知り合いにお金を取られた事件より、後を引くいやーな問題です。
日本では父親のめかけを息子が同じように囲うなんて、あまり勧められないこととして話されるようですが、子供の頃にあこがれた文吉をなんとか手に入れようと、あれやこれやと店の女将と結託して文吉に迫ります。

そして妻が死んで49日も済まないのに後添えに入らないかと更に迫るのです。
断られると、もっと今度は家の修理などに使った金を払えと言ってくるなんて、なんていやなやつでしょうね。

さらば深川と題名にあって、2人とも江戸から離れるのかと思って読んでました。
伊三次がまずいことでもして、少しの間2人で関西かどこかに行くのかななんて想像してましたら・・・

江戸時代は大川を渡るかどうかで大きく意識が違ったのでしたね。

深川芸者が深川に住んでいないとなると、まあおかしいかも。






スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。