しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「幻の声」

幻の声―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)幻の声―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
(2000/04)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


髪結いの伊三次が主人公。
まだ自分の店を持たずにいるけれど、いつか店を持って深川芸者の文吉を嫁にもらえるようになりたいと思っているのです。
伊三次のもう一つの仕事が同心不破の手下。
十手は持たないけれど、事件が起きると不破より探ってくるようにと用事を言いつけられているのです。
読み出した最初の話ではイヤイヤ使われているのかと思ってしまいましたが、伊三次の幼馴染喜八の母親が自分の作った畳表が敷かれている部屋を一度でいいから見てみたい願った話「備後表」では、敷かれている場所を探すのに不破に手助けを頼み、不破もそれを叶えます。

癇癪持ちと描かれている不破ですが、それも江戸っ子の気質なのかもしれません。
現に妻に娶ったいなみにも感嘆には人には語れない苦労があるのですが、苦労から抜け出す手助けをして妻にしたのも不破なのです。

少し気の弱そうな伊三次とちゃきちゃきの深川芸者文吉。
ちゃんと幸せになれるのでしょうか。

知り合いから面白いと勧められた本ですが、登場人物もバラエティがあって、あっという間に読んでしました。
続きが楽しみです。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。