しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書「伯爵と妖精・月なき夜は鏡の国でつかまえて」

伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて (伯爵と妖精シリーズ)伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて (伯爵と妖精シリーズ)
(2009/07/31)
谷 瑞恵

商品詳細を見る


シリーズ19冊目。

結婚したところで一段落かと思ったら、人生の敵プリンスを己の中に取り込むことになってしまって、まだまだ先が長くなりそうなこの話。
エドガーが真の青騎士伯爵になったときが終わりかな。

前作で手に入れた妖精のペンダントにある地図について調べている2人だけど、相変わらず行動がすれ違っているようです。
伯爵の子孫が描いたといわれる絵を買うために怪しげなオークションに行くエドガーと、ペンダントの手がかりを調べていて別行動していたリディアですが、ペンダントにはめ込まれていた宝石に導かれて、エドガーのいる屋敷へ妖精の道を通ってやってきます。
リディアを危ない目にあわせたくないエドガーとフェアリードクターの役目を果したいリディア。
そろそろ大人にならないといけないのはエドガーの方だと思いますね。

エドガーは常にリディアの力の助けがないと妖精に近寄れないということを自覚するべきだと思うのです。
それなら、自分のやろうとしていることをリディアに話して助けを求めないとね。

すれ違いになって最後に謝るのはエドガーですが、リディアを本当に理解したとは思えないのです。
私はいつもリデイアが譲歩しているようにしか思えなくなりました。
いつか大きな勘違いで別れてしまうことになりかねないと思うのは私くらいでしょうか。

ところで、めずらしくエドガーは妖精の国のものを破壊しないで帰ってきました。
少しは成長しているのでしょうか?
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。