しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書:「三毛猫ホームズの談話室」

三毛猫ホームズの談話室 (光文社文庫)三毛猫ホームズの談話室 (光文社文庫)
(2008/06/12)
赤川 次郎

商品詳細を見る


赤川次郎が選んだ人と赤川次郎との対談集。
映画監督、役者、アナウンサー、フルート&ハープの演奏者、染織研究家、人形美術家など一流の人達ばかり。
アナウンサーの人がいう言葉遣いの違いや、華道の花を生ける時の気持ちなど、その道を極めた人が言う言葉には重みがあります。

でも、番外にある編集さんとの対談が実は面白いのでした。

実は私の同居人も物書きで、編集さんとのやり取りのほとんどはメールと電話なんですね。
時々打ち合わせと言って出かけて行きますが、原稿のやりとりはほぼメールのようです。

編集さんが作家との会話が楽しかったと言っていて、その会話で作家も勉強し、編集も鍛えられていったのだなと思われました。

今は便利な世の中になりましたけど、人と話すことや実物を見ることはやはり大事だと思います。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

>原稿のやりとりはほぼメールのようです。
ほぼじゃなくて十数年前から100%メール。
手書き原稿を郵送したりしていたのは二十年以上前の話かな。
打ち合わせはほとんどメールか電話。声は良く知っていても顔は知らない編集さんが多いです。
  • posted by ROCKY 
  • URL 
  • 2010.05/01 21:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。