しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書:「パパの愛した悪女」

パパの愛した悪女 (FUTABA・NOVELS)パパの愛した悪女 (FUTABA・NOVELS)
(2009/08)
赤川 次郎

商品詳細を見る


両親と姉弟の家族で高校生で姉の香織が主人公。
出だしでいきなり、母親が家出してしまいます。
赤川作品では母親が家出するのも珍しくはありません。すでにいない時もありますね。

母親と思しき人物が心中したらしいと知らされますが、死体は上がらないまま2年が経ちます。

そしていつの間にか父親には新しい女性が・・・

題名からこの女性か母親のどちらかが悪女なのだろうと思って読み進めていくと、母親の心中相手の妻やら、心中相手を追いかけている刑事とその刑事のそばにいる女性など、登場人物が増えてはきます。

でも、題名からどうしてもわかってしまうのですよね。

もっと悪女は悪女らしく悪巧みをしても良かったのではないでしょうか。
そういう点ではパンチに欠ける1冊でした。

そしてもう一つ。
中年で1人だけででてくる刑事は赤川作品ではたいてい悪役。
改心することもありますが、わいろをとったりやくざとつるんでいたりすることが多いですね。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。