しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書:「彩雲国物語」暗き黄昏の宮

彩雲国物語  暗き黄昏の宮 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 暗き黄昏の宮 (角川ビーンズ文庫)
(2009/12/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


最終章に向かうのでしょうか。
単なる向上心のある女の子が頑張って国の為に働き、様々な困難に打ち勝って国が良くなる・・・みたいな話だと思って読んでいましたが、貴族派と国試組(七家)との前王時代からの対立に妖しの術を使うものがいたり、更に味方だと思った人物が敵で敵と思った人物が味方だったりして、全然単純ではないばかりか、結末もどんでん返しの繰り返しでどの巻を読んでも、行く末が全然わかりませんでした。

王様側はチェックメイト寸前です。
仙人と呼ばれている人達は動くのでしょうか。

オセロのように大どんでん返しとなるのか、目が離せません。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。