しろうさぎ☆の巣穴

本の感想や観戦してきたレースの思い出話

Category [本 ] 記事一覧

スポンサーサイト

読書「陰陽師 首」

陰陽師 首(2003/10/10)夢枕 獏商品詳細を見るこのイラストで獏さんの陰陽師を読むとまたイメージがかわります。映画になってから、私の頭の中の博雅のイメージがすっかり俳優さんの顔になってしまったのですが、このイラストがあるおかげで、その顔を忘れていられるのです。この話も首が襲ってくるこわい話なのですが、なんだかほのぼのとした雰囲気をかもし出しているのです。黒い猫又がでてくるのもいい感じ。...

読書「うつむいた人形」

うつむいた人形―赤川次郎サスペンス劇場 (光文社文庫)(2009/10/08)赤川 次郎商品詳細を見る「壊し屋」という仕事(アルバイト)をしている大学生千明が主人公。失恋したときにとある男に誘われ、会社内で失脚させたい男を誘惑し家庭を壊す女を演じるアルバイトをしているのです。友人と街にいたときにターゲットだった男に出会ってしまいます。その男を知らないと振り切ると、男は車道に飛び出して死んでしまいます。その負い目から...

読書「更衣ノ鷹」下

更衣ノ鷹(下)ー居眠り磐音江戸双紙(32) (双葉文庫 さ 19-36)(2010/01/07)佐伯泰英商品詳細を見る衝撃の下巻でした。田村側の画策がここまで!でも、これも史実なのでしょうか。時代小説も歴史小説とは違い歴史の一部を設定に借りながら、著者が自由に物語を作っているものだと思って読んでいたので、史実が出てきてしまうとそのすごさに愕然としてしまいました。上巻でおこんがさらわれても、磐音との子供がまだいないから、おこん...

読書「更衣ノ鷹」上

更衣ノ鷹(上)ー居眠り磐音江戸双紙(31) (双葉文庫 さ 19-35)(2010/01/07)佐伯泰英商品詳細を見るこのシリーズ初の上下巻の上です。田村家との確執がいよいよ激しくなってきて、ついにおこんにまで手が伸びてきます。おこんがさらわれてしまうのです。田村親子というと平賀源内との関係で私にはあまり悪いイメージがないので、ここまで悪し様に書かれるとはと思いつつ読んでいました。磐音のまわりがあまりにも正しくて田村側が悪で...

読書「夜警」

夜警 (FUTABA・NOVELS)(2007/04)赤川 次郎商品詳細を見る都心の最新ランドマークで夜警をしている主人公は夜の見回りで7歳くらいの女の子に出会います。ところがその子供はモニターに写っていなかった・・・かわいい女の子と出会ってから住居棟に住む女優と仲良くなったと思うと、その女優に大きな仕事が舞い込んでくるし、上司が病気で倒れたところを間一髪で助けたりするので、女の子は赤川作品の天使シリーズの女の子のようだと思...

左サイドメニュー

プロフィール

しろうさぎ☆

Author:しろうさぎ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ランキング

         ブログランキング 本           ブログランキング モータースポーツ/F1                       ブログランキング 猫

コラブロ

最新ニュース


FC2カウンター

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

読書メーター

しろうさぎの最近読んだ本

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

フリーエリア

ビーケーワン     雑誌のFujisan

FC2アフィリエイト

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。